photographer Shinji Nishimura web site
Text Size :  A A A
|  Home  |  Works  |  Gallery1  |  Gallery2  |  Profile  |  Diary  |  Link  |  Contact  |  iPhone App  |

2018/3/8

Img_91f15a1d2c1410b64930e14b77fa3d5e
Img_403667143b64aec3051aecfaf639d2e9
Img_0b1bd65b9b29a41d41fb8085a06a42d9
我が家の風呂嫌いは相変わらずで、夜間になるとますます億劫になり、必要に迫られしぶしぶという感じだ。
そこで仕事の予定がない日など、昼間の明るい自然光の時間帯に変えると、うちの風呂サイコー!となった。

四季の庭の木々や、雲が浮かぶ青い空を眺めながらの湯船は、温泉場にでも来たような贅沢で開放的な気分になる。
同じ行為が時間差だけで、これほど人の感覚、意識を変えるとは思いもよらなかった。
このパターンが我が家のライフスタイルとして定着すると、少しは小奇麗になるかもと思う。 

甲斐犬・銀三一家 2018/3/5  

Img_be0a8fb74428f9b701d45749c118630b
2005年7月
Img_b6ac57ac07bc8ab141f1e7a1e0b26457
2009年12月
Img_167c827f96e54af414b188574cf2b918
2014年9月
2018年2月11日は悲しい日だった。 銀三が14年と9カ月の生涯を閉じた。
老衰による自然死だが、足は弱り食欲もなくなり、横たわった日々が続き、最期を迎えた。
いずれこの日を迎える事は覚悟していたが、やはり現実に直面すると辛く悲しいものだ。

初めての飼い犬銀三は、賢く優しく頼もしく、ひょうきんな面もあり、またフレンドリーな性格は、
多くの人からも好かれていた。 
今は出会えたことと、家族の一員として共に過ごした日々に、感謝の気持ちでお別れしたいと思う。

甲斐犬・銀三一家 2018/1/18  

Img_0b4c081d119c55ce1de1adf86c81f743
Img_e9609e60aad2c0d2deb615c8613b4f4d
Img_3e528bb06ac9c8dc06c5c73d9f872235
映画の趣向が近い知人の推薦で、山田洋次監督・西田敏行主演の「学校」「学校Ⅱ」を観た。
夜間中学校や高等養護学校を取り上げた内容で、教師と生徒、生徒同士の交流や学校生活、日常生活を描いた物語
である。
心の触れ合い、思いやりや愛情、優しさが詰まった作品で涙腺はゆるみっ放し、邪心も洗い流してくれる心の栄養素100%
監督、出演者、関係者に感謝のお薦め映画でした。

甲斐犬・銀三一家 2017/12/16  

Img_a01eb24eb53e9eb104f5ef72f0300a27
Img_2a83c5aecc205d552d54a34a85ea9596
Img_a0b474cf59f286c0c3a070396b762a4e
国際的に政治家として相応しくない人物が政治を動かし、国内外の社会情勢は不安、悪化の一途をたどっている。
北朝鮮問題に伴う軍事関連、核兵器廃絶の日本の立場、地球温暖化対策、うやむや状態の森友加計疑惑に
原発事故後の放射能汚染の現状など山積する諸問題。

そんな昨今にワイドショー的ニュース番組は、いまだに大相撲傷害事件、個人の不倫、離婚等、どうでもいい出来事を
飽きずに取り上げている。  視聴率優先であるにしろ、国民の関心をひくのがゴシップ的な話題であるとすれば、
マスコミも視聴者も平和ボケしているとしか思えないのである。

甲斐犬 銀三一家 2017/11/4 西村新二写真事務所

Img_e866e1cb831cea786903e6b432e35378
Img_3ff01cc58e025f1734d37cf95a3ac532
Img_f9025a22c58ef06a7326fa1516078eb4
NHK・BS1でビートルズのアルバム「サージャントペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」の制作過程を
紹介する番組が放映された。
当時では画期的な録音手法や実験的な試みを多用し、時代を飛び越えた感性には、あらためて驚かされるばかりである。
ビートルズの初めて見る映像も多く、受信料にもまあ納得がいく満足100%の番組だった。

これがいいきっかけで早速レコードで聴いてみたが、置物になっていたアンプ・レコードプレイヤーの調子がいまいちで、
なだめすかしながら真空管、レコード針などを取り付け直しなどしているうちに、従来の音質が甦ってきた。

CDすら聴く事もなく、パソコンから流しっぱなしの音が日常になり、生活パターンの変化もあるが、「じっくりレコード鑑賞」
から遠のいていた。  レコード盤に針を落とす行為は気持ち的ゆとりに繋がり、大事なところであると思う。